太陽光発電システム(家庭用)の取り付け価格が1番安い業者を探すならここ!

ソーラー発電を比較するにあたって

ソーラー発電とは、太陽の日射エネルギーを電気エネルギーへと変えて利用する発電方式のことで、別に、太陽光発電ともいいます。

 

ソーラー発電では、ソーラーパネルという発電装置を家の屋根に設置して発電を行います。ソーラーパネルは、太陽電池とも呼ばれ、太陽の光エネルギーを受けると直流電気を生み出すものです。

 

ソーラーパネルによって発電された直流電気は、変換器を通じて交流電気へと変換して、家庭内などで、電気会社から送られてくる通常の電気と同じように使われます。

 

ソーラー発電は、無尽蔵の太陽の光エネルギーを利用しているため、いくらでも生成できるというのが利点になっています。また、発電する際も、温室効果ガスなど地球温暖化の原因となる物質を出さないので、クリーンなエネルギーとして期待されています。

 

ソーラー発電システムのメリットは、ソーラーパネルを設置することができれば、どんな場所でも利用できるというところです。屋根がある場所ならばどこでも利用できというわけです。

 

ただし、晴れた日ならたいへん有効なシステムとなりますが、曇ったり雨が降っていれば効果的な発電量が得られません。天候次第という欠点もあるため、降雪が多い山間部や降雨の多い日照時間の少ない地域では、やや不向きだったりします。

 

またソーラー発電では、ソーラーパネルなどに電気を蓄えることができないのが難点となっているため、使用する電力が不足したときは、従来同様、電力を電力会社から買う必要が出てきます。しかし、余分に発電した電力は電力会社へ売ることができるので、差額を電気代とすることができ、余剰電気量が多いときは、利益も期待できます。

 

そこで、ソーラー発電を有効に利用するために必要となってくるのが、節電を進めていくことです。節電を進めることで、買電よりも売電の割合を大きくしていくことができるようになっていくのです。

 

ソーラー発電システムは、現在、その導入費用の低価格化が進んでいます。もともと、導入の費用が高額なためにシステム導入に慎重になる人も多かったのですが、きちんとプランを立てて、その経済的効率を考えていけば、有効な節電もできるようになります。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市